畜産食農科

  • 2020年10月23日(金)

    農業クラブ役員改選

    本日の1限目に本校武道館にて農業クラブの役員改選

    が行われました。

    本年度は,新型コロナの影響により,多くの行事が

    中止となりました。

    3年生の農業クラブ役員は,完全燃焼せずに役員を終え,

    やりきれない思いですが最後の仕事となる農業

    クラブ役員改選を無事に終えることができ

    ました。

    役員改選では,2年生が4名,1年生の6名が立候補

    して立会演説を行いました。

    新型コロナで先が見通せない現在ですが,今後の農業

    クラブの未来を明るくするスピーチが多くあり,

    期待したいと思います。

    ↓ 生徒の立会演説

    DSC_2464

    ↓ 役員改選を終えての講評

    DSC_2467

    結果は,後日発表となります。

  • 2020年09月16日(水)

    農業クラブ 激励状授与

     本日の午後2時頃に九州農政局鹿屋駐在所地方参事官

    ほか2名が本校に来校され,農業クラブの活動に関して

    激励状が授与されました。

     本年度は,新型コロナウィルスにより多くの競技や

    大会が中止となる中,農業や地域のための主体的な学習

    である農業クラブ活動を継続し努力されていることへの

    激励として送られたものです。

     授与にあたっては,本校の農業クラブ会長である畜産

    食農科3年の飯永 大介君と副会長の水間 陽友雅君が

    全体を代表して賞状を受け取りました。

    1600244829351

     授与後は,参事官と現在の農業クラブに関する状況など

    の会話を行いました。

    1600244839833

     今後も,将来の農業を発展させるためにも農業クラブや

    授業の中で日々研鑽を重ねて,貢献することを期待してい

    ます。

  • 2020年09月09日(水)

    花育てリレー

    昨日(9月8日)と今日(9月9日)の2日間を

    通して,花育てリレーが実施されました。

    この花育てリレーは,本年度実施される予定でした

    第75回国民体育大会で鹿児島を訪れる多くの方々

    を,まごころのこもったおもてなしでお迎えする

    ための県民運動でした。

    昨年から花の栽培試験などを行い,今年の6月上旬

    から花の苗を栽培してきました。

    しかし,残念ながら新型コロナの影響で延期となり,

    国民体育大会で飾られることはできませんでした。

    ですが,栽培していた花苗を地域の各小中学校に

    配布して飾ってもらえることになり,曽於市と

    志布志市の市町村に約2000株を引き渡しました。

    DSC_2348

    DSC_2343

    DSC_2347

    秋にかけて,色濃くキレイに花が咲き,今後が

    楽しみです。

    次こそは,鹿児島で国民体育大会が実施する際に,

    曽於高校で栽培した花を!

  • 2020年07月15日(水)

    校門を花で装飾

    7月10日(金)に3年生の栽培コースの生徒が

    校門を花で装飾しました。

    花は,生徒自身が種から栽培したピンクとピンク

    ・ホワイトミックスの松葉ボタンを使用しました。

    DSC_2144

    DSC_2147

    DSC_2151

    DSC_2149

    DSC_2154

    あとは,玄関前花壇の装飾を頑張ります。

  • 2020年07月06日(月)

    スイートコーンの収穫!!

    7月1日(水)に1年生の総合実習でスイートコーンの

    収穫を行いました。

    4月16日(木)に播種を行ってから2か月半ほどが経ち,

    収穫時期を迎えました。

    これまでに農業と環境や総合実習の授業で,スイート

    コーンの生長を実際に栽培して観察を行うことに

    よって学んできました。

    茎は生徒たちの身長よりも大きくなり,一つ一つの

    スイートコーンを丁寧に収穫していきました。

    image0

    image1

    image2

    収穫後は,スイートコーンの糖度を測定しました。

    糖度計を用いて測定した結果,約16~17度の糖度

    となりました。これは,桃やメロンよりも甘く,

    完熟したブドウや柿に匹敵します。

    image11

    image8

    最後は,実際に生徒たちで育てたスイートコーン

    を食べました。

    image4

    image6

    今後は,冬野菜の栽培にチャレンジします。

     

  • 2020年06月03日(水)

    3年生課題研究part3

    今回は,畜産専攻(養豚)の課題研究について紹介

    します。養豚では近年,日本各地で豚コレラが

    発生するなど病気・ウィルスの防疫対策が

    講じられています。

    本校の養豚班でも防疫対策として,肥育豚舎

    に入る際の長靴の履き替え場所を確保するために

    履き替え小屋を制作することになりました。

    まず,場所の選定を行い設計図を書きました。

    1591170971562

    1591170974466

     

    それをもとにパソコンで設計図を仕上げました。

    1591170976809

     

    今日の課題研究では,材料計算を行っています。

    1591170980958

    ↓ 完成予想図

    1591170978242

     

  • 2020年06月02日(火)

    体育館前・玄関前を花で彩る

    梅雨の中休みとなった本日,畜産食農科2年生の栽培

    の授業で体育館前と玄関前の花壇に花の苗を植えました。

    先週,畜産食農科の3年生が春に咲いた花の撤去を行い,

    花壇を整地しました。

    本日は,その場所にサルビアやニチニチソウ,

    メランポジューム,センニチコウの花の苗を植えました。

    DSC_2108

    DSC_2115

    DSC_2120

    DSC_2121

    今後も,玄関前のまだ植えていない場所や校門前の

    花壇に花を植えていきます。

  • 2020年06月01日(月)

    妊娠鑑定(養豚)

     畜産食農科3年生の総合実習で養豚を専攻する生徒が

    超音波のエコーを用いて母豚の妊娠鑑定を行いました。

    妊娠鑑定にはさまざまな方法がありますが,本校では

    医療現場で実際使用される超音波診断に似た技術で

    母豚が妊娠しているかを調べています。

    交尾(発情)をしてから約21日前後で妊娠鑑定を

    行うことができます。

    ↓ エコーを当てている様子

    1591072487267

     

    ↓ 実際のエコー画像

    黒く丸い部分(胎水が反響しないため)が受精卵

    1591072485719

  • 2020年05月28日(木)

    農業機械・農業と環境

    本日は,畜産食農科3年生の農業機械の授業で,ガス

    溶接機の体験を行いました。

    暑い中での作業でしたが初めての体験に楽しんで

    行うことができました。

    1590638882768

    1590638884286

    また,畜産食農科1年生の農業と環境の授業では,

    生徒自身が種から育てているスイートコーンの

    生長観察(地面からの高さなど)を行いました。

    播種から1ヶ月以上が経過して,高さも1m近くに

    なりました。

    DSC_2086

    DSC_2087

    DSC_2090

    DSC_2093

    DSC_2095

    収穫が楽しみです。

  • 2020年05月27日(水)

    3年生課題研究part2

    今回は,野菜専攻の課題研究について紹介します。

    野菜専攻では,2つの課題研究に取り組んでいます。

    1つ目は,かぼちゃを用いた施肥方法による収量や

    生育の違いについて研究しています。

    今日は,畝を作り,約1ヶ月前に播種したかぼちゃ

    の苗を植えました。

    DSC_2052

    DSC_2054

    DSC_2057

    DSC_2074

    今後も定期的に観察を行い,収量などを測定していきます。

    2つ目に,トマトの生育方法の違いによる収量について

    研究しています。

    トマトを生育していく上で必要な水の量や肥料などに着目

    してそれぞれ異なる生育方法で栽培します。

    4月上旬にトマト(フルティカ)を定植して約2ヶ月で

    収穫をむかえています。(今回,収穫を行ったトマトは,

    臨時休校のため通常生育です。)

    ↓ 着果を良くするためのホルモン剤を散布

    DSC_2062

    DSC_2064

    ↓ トマトの収穫

    DSC_2065

    DSC_2066

    DSC_2070

    DSC_2071

    DSC_2072

    ↓ 収穫後のトマト

    DSC_2083

    収穫後は,毎回収量の測定を行います。

    現在は,ほかの品種も栽培しており,今後は,さまざま

    な方法でいかにおいしいトマトを作出することができる

    か研究していきます。

     

    今後も肉用牛や養豚の課題研究について紹介していきます。

     

     

    追記

    4月上旬に定植したスイートコーン(第1弾)が大きく

    なり2m程度になりました。

    天候にも恵まれ,スイートコーンの実も大きくなり,

    収穫が間近となりました。

    DSC_2049